そもそも家庭教師とは一体何でしょう?

生徒達の分からない処を教える職業。 確かに「教える」仕事ですね。 しかし、家庭教師のホームページのほとんどがその「教える」ということに関して具体的なコメントがありません。これは一体どういうことでしょうか?「教える」ことは教師なら誰でもできると考えているのではないでしょうか? 「教える」ことは簡単なことではありません。 生徒の躓いている箇所を判断し、そこを分かりやすく面白く解説し、それを定着させるために宿題を出す。 その宿題の出し方、宿題のチェックの仕方(これが大事です、宿題の出しっぱなしは効果がありません)、暗記事項の定着方法の考案等を生徒の個性、能力に応じて考える。 そして二度や三度でうまくいく事の方が少ないので、これを根気よく、定着度や理解度に応じてやり方を変えながら繰り返す。 これが出来なければ、「教える」ことはできません。 こういうことは学生の家庭教師にはまず出来ません。 そして残念なことに所謂プロ家庭教師と言われている教師もキチンとやっている人は非常に少ないのが現状です。 私が教えた生徒のお母さん方は口を揃えて「山本先生のようにやってくださる家庭教師は今までいませんでした。」とおっしゃいます。

実績紹介

2020年
今年度の受験生4名は引き受けた時点でE判定、その内2名を第一志望校に合格させました。


2019年
主に算数を指導して神戸女学院中に合格させました。


2018年
三科目(主に算数と国語)を指導して甲陽中に合格させました。


2017年
三教科(主に理科、国語)を指導し灘中に合格させました(3冠王達成)。


2016年
今年は受験生全員第一志望校合格しました。


2016年
四教科(主に英語と国語)を指導して灘高校に合格させました(トップ合格)。
三教科(算数、国語、理科)を指導して甲陽中に合格させました。


2016年
入試直前の12月の時期でもE判定の生徒を第一志望校に合格させました。


2015年
算数、国語、理科の三科目を指導し偏差値を20程度上げて第一志望校に合格させました。


2014年
4か月の指導で神戸大学法学部に合格させました。


2013年
3か月の停学処分を受けた生徒を甲南大学に推薦で合格させました。


2011年
中学1年生の冬に偏差値30ほどの生徒を引き受けて、5年間数学、英語、理科、国語を指導して偏差値60半ばの立命館大学に合格させました。


2011年
この指導実績には、具体的な教科、科目を教えていないと掲載していないのですが、あまりに嬉しいので掲載させてもらいます。
平成19年度に灘高に合格させた生徒がアメリカのエール大学に入学しました。
灘高に合格した際に灘高での勉強の仕方を教えただけですが。


2010年
数学、英語、化学、物理を指導して、同志社女子大薬学部に合格させました。


2008年
数学、国語、理科の三教科を指導して灘高校に合格させました


2007年
6月に報告です、3年程前に短期間指導した兄弟が2人とも京都大学に合格しました。兄は浪人しましたが。


2007年
2006年9月にE評価の生徒を第一志望の学校(偏差値62)に合格させました。


2007年
2006年11月に偏差値43の生徒を第一志望の学校(偏差値56)に合格させました。


生徒のタイプに応じてもう少し具体的に話しましょう。

banner
灘高を受験し、エール大学に入学した生徒について

詳細を読む

banner
灘高校にトップ合格した生徒について

詳細を読む

banner
直前の12月でもE判定の生徒について

詳細を読む

灘高を受験し、エール大学に入学した生徒について

 中学3年生の4月に引き受けました。その時すでに英語は灘高合格レベルでした。しかし残りの3科目はとても合格レベルとは言えませんでした。特に問題なのは、この生徒は小学5年生の時に日本にやって来て日本語の読解に少し難があるという事でした。しかし逆に考えると日本語の読解に難がある状態で 研伸館という一流の進学塾で成績を伸ばしてきたのですから、間違いなく能力があり、努力家でもあるという事です。これは何としても合格させてあげなくては。この生徒を灘高に合格させるのは私にしか出来ないと思いました。
 しかし週1回の授業で3教科を指導するのは至難の業です。とりわけ日本語力をどう伸ばすか、それが一番の難題でした。でも国語に時間を割くことは不可能でした。やはりまず数学の学力を伸ばす事が先決だと考え数学の過去問をする事にしました。その時に心掛けたことは、数学の設問の文章の解説を正確に且つ丁寧にすることでした。設問が正解であれ不正解であれ。助詞や助動詞の意味、微妙なニュアンスの違いを丁寧に解説しました。数学の過去問を解説するなかで少しずつ国語の読解力をあげる基礎を作り上げました。
 そして夏休みには週2回の指導にして頂けました。その中の1回は数学の学力を上げるのに全力を尽くしました。残りの一回は理科と国語の過去問をしました。理科は以前の数学と同じく理科の設問の文章の解説もしました。国語は読解力の底上げを心掛けました。そして、9月の塾の模試では、数学が2位になりました。これでいけるという手ごたえを感じました。ただ英語の勉強時間が減ったので英語の成績がベスト5から落ちたのが残念でした。そこで9月からは英語の過去問をして、知らない単語や熟語が出てきた時の解法を徹底的に指導しました。これで英語の成績も元に戻りました。
 後は4教科をバランス良く指導し、灘高に合格させる事が出来ました。英語以外の3教科は偏差値で10程度上げる事が出来ました。灘高合格の食事会に招待された時に灘高での勉強方法を教えました。今までの受け身の勉強ではなく、予習中心の勉強にすることが大切だと。特に理科、社会は予習の段階で内容を完全に理解しようとすること、何が大事で、何を暗記しなければならないかを自分で考えることが必要だと。こうする事でまだ完全ではない日本語の読解力も向上すると。そして学校の授業は自分の予習の理解が正しかったことを確認する場にすること、すなわち理解が不完全であればその場で理解を完全にし、暗記が不完全であればその場で暗記を完全にすること。
 SATの数学の試験は数学特有の文章の英語表現に慣れるとそんなに難しくはありません。やはり難しいのは英語でnaitive感覚がないとあの長文を短時間では出来ません。naitiveの知人がいるなら毎週(出来れば毎日)メールで連絡を取り合うことを勧めました。これで灘高での成績を上げて灘高の先生のOKがもらえればアメリカの大学に行けると助言しました。結果はエール大学入学です。

灘高校にトップ合格した生徒について

 この生徒を指導することになった経緯は非常に珍しいものでした。最初に問い合わせしていただいた時には既にスケジュールが一杯で指導が無理だったのでキャンセル待ちをなさっていました。キャンセル待ちから7カ月ほど経過した10月、ある生徒が大病を患い受験を断念することになりました。その生徒の志望校が灘中学だったのです。

 最初の体験授業の私の感触ではC判定程度でした。灘高校受験を考えている生徒は中学1年の時から、いや正確には中学受験終了の小学6年の1月から灘高校の受験勉強をしている場合が大半です。あと3,4カ月では少し難しいなと思いました。次の授業の時に灘高校の国語の過去問をしてもらいました。まずは国語の読解力を判定してそれを他の科目の指導にも生かそうと考えました。6割ほどの得点でした。体験授業の時に見せてもらった成績表通りの得点でした。間違えた問題を一つ一つ丁寧に解説しました。非常に真剣に聞いてくれていました。特に問題を出題する教師が何を考えて出題するか、ある問題の正解がはっきりしない場合にどう対処するか、問題に即して説明している時には食い入るように聞いていました。3回目の授業の時の国語の過去問の得点が何と9割越えでした。これで分かりました、この生徒が躓いていた箇所が。この生徒は私が指導すれば間違いなく合格できることが。

 次は数学です。成績表からもこの生徒が数学が得意だということは分かっていましたが、問題の解き方を目の前で見ていないので本当に安心できるレベルなのか確かめたかったのです。素晴らしい内容でした。計算速度は速いですが丁寧に答案を作成していき、少し詰まると前に戻って確かめることを地道に実行していました。すぐに生徒に言いました、この勉強態度で間違っていない、文句なしですと。生徒は喜んでいました。これで国語と数学は過去問を15年分ほど渡して自分で勉強してもらうことにしました。

 理科は少し苦手分野があるようでした。でも数学の内容から自分で勉強して分かりにくい問題を質問してもらいそれを丁寧に解説するだけで大丈夫だろうと判断しました。本当は目の前で解いてもらいたっかのですが、なんせ週1回の授業、英語に力を入れなければいけないのでこうせざるを得ませんでした。英語は国語と同じ言語科目、国語の解き方はそのまま英語にも当てはまります。しかし生まれてからずっとなじんでいる日本語と本格的に学んで3年足らずの英語では勝手が違うのでしょう。まして灘高校の英語の入試問題は下手な大学受験の問題よりもレベルが高いので、安心できるレベルになるまで3カ月かかりました。特に知らない単語や熟語がある場合の読解方法、正解の見つけ方を多くの過去問を通じて丁寧に説明しました。そして分からない問題を勘で正解する方法(万能ではありませんが)も。

 入試が終わった後に「英語の山本式読解方法が見事にはまりました。」との連絡を受けた時には合格を確信しました。まさかトップ合格とは思いませんでしたが。この生徒には感謝しています。私の指導方針が間違っていないことを再確認できたので。

直前の12月でもE判定の生徒について

 入試直前の12月において第一志望校の合格判定がE判定であれば一般的に言って合格は不可能です。ですがそれを可能に出来る場合もあります。

 ある生徒を高校1年生(正確に言うと中学3年生の2月)の時に引き受けました。この生徒は中学入試の時にも担当した生徒でした。勉強が嫌いで積極的に勉強しようとする意欲がかなり少ない生徒でした。大学受験に向けて基礎力をしっかりと付けてくださいとのことでした。週1回で日頃は英語と数学をコツコツと指導し、学校で使用している一般には販売されていない学校採用専用書籍を何とか手に入れてそれを何部もコピーして私の宿題としてFAXさせてそれを添削して間違えた問題を再課題にまたFAXさせるという気の遠くなる作業を地道に続けました。そして定期テスト前には国語理科社会ととにかく内申の成績が下がらないように精一杯の指導をしました。さすがにこれでは勉強時間が足りないので高校2年生になった時に「クラブ活動を止めてもらえませんか?」とお母様にお願いしました。それに対しお母様は「この子はクラブを止めるとますます勉強しなくなると思います。」と即答されました。私は恥ずかしくなりました。この生徒の性格は良く分かっている筈なのに自分の苦しさから逃れるためについ楽に指導出来るかもと思いこれを提案してしまったことを。睡眠時間を削って指導を充実させました。

 そして高校3年生の10月に第一志望と第二志望の推薦入試がありました。第一志望は駄目でしたが第二志望は合格出来ました。これで私の仕事は終了だなと思っていましたが、お母様はこう仰ったのです。「このまま努力もせずに大学に行き資格を取って仕事に就いてもこの子の人間形成には何の良いこともありません。あと2,3か月一般入試に向けて猛勉強させてくれませんかと。」もちろん私に異論はありません。なぜならこの生徒は第一志望不合格を物凄く悔しがっていたので何とかなるような気がしたのです。

 それから一般入試にむけて特訓が始まりました。入試問題を徹底的に分析し無駄な勉強を一切排除し合格に必要な分野だけを勉強させました。学校が休みに入った時には週3回指導しました。そして本人に言いました。「君には中学入試の時に、先生は絶対に手を出さないと約束しましたよね。それを撤回します。お母さんの許可を得ています。1回でもFAXをさぼったらお尻を思いっきりたたくからね。」と。生徒はビビったでしょう。この子がクラブで使っていた握力を鍛えるハンドグリップを私は生徒の目の前でで親指と薬指の2本でやって見せたのですから。この生徒は睡眠時間を削って私の宿題をサボらずに3か月私のしごきに耐えました。具体的な勉強方法はここでは書けないことをお許しください。結果は見事に第一志望合格です。

 私の会心の仕事の一つです。合格祝いに呼ばれた後、帰宅するときに100m先まで聞こえるのではないかというような体育会系の大声で「ありがとうございました。」と言われました。とても恥ずかしかったですがそれ以上に嬉しかったです。

上に戻る
Copyright(c) 2014 Yamamoto Inc. All Rights Reserved.